沢渡茶 煎茶 沢渡茶 俺の番茶 さわたりふり茶 沢渡茶 水だし緑茶 沢渡茶ティーパック 香ル茶 紅茶 香ル茶 ティーパック 竹炭紅茶・円茶 沢渡の茶大福 ゼリーとパンナコッタ 沢渡ギフト ショッピングカートを見る
会員専用ページ

沢渡の風景を守る。ビバ!ぜんまいおいしいお茶のいれ方秋葉祭り

●利用方法と電話・FAX注文
●生産地・沢渡のご案内
●取扱店舗のご案内
●紹介記事
●ポイントのご案内
●お支払い方法について
●配送方法と送料について
●特定商取引法に基づく表記
●プライバシーポリシー
●お問い合わせ

岸本憲明 日本一美しい清流仁淀川の上流・仁淀川町沢渡のお茶作りを絶やすまいと、嫁さんを口説いて移り住んだのが9年前。仁淀川の初夏の香りと渋みが心を癒す「沢渡茶」をぜひお試しください。
お茶がもともと大好きで、様々なお茶を飲んでいました。池川と仁淀で小さな茶畑を借りて栽培していましたが、2010年からはいよいよ自分の茶畑を持つように!「香ル茶」を栽培しています。
茶農家の株式会社ビバ沢渡
〒781-1803 高知県吾川郡
仁淀川町別枝606
TEL:0889-32-1234
FAX:0889-32-2430
若き茶農家きちゃきちゃのブログ香ル茶の、道香ル茶茶畑作業日誌


試行錯誤の中で


過疎化高齢化の中で「山村の暮らしは課題が山積」とは言うけれど、

実際どうなのか、というのを肌で感じたくて、

3年間仕事で縁のあった仁淀川町に、思い切って退職して移り住んだのが2005年でした。

とりあえず「雇用」はないだろうと考え、

何か自分でできそうなこと・・・と周りを見回して思いついたのが「お茶」だったわけです。



移住と同時に高知県農業技術センター茶業試験場に研修生として入ったのですが、

茶を刈る機械が二人用であること、年を重ねるごとにお茶の価格が暴落していったこと等で、

結局、茶農家として独立はできませんでした。

今は嫁ぎ先のささやかな茶畑を夫と二人世話をして、兼業という形で継続しています。



研修生のときに、これだけ価格が下がると一番茶だけで収入を上げるのは難しい、

ということで二番茶の有効利用について検討していたのですが、

最初に取り組んだ番茶は思ったようにいかず、

次は何にしよう、というところで、職員さんから紅茶づくりの提案がありました。





いざやってみよう、となったら、茶工場の奥から昔の紅茶の道具や加工のマニュアルなど、

昔紅茶を作っていた頃のいろいろなものが発掘されまして、

それから本格的な紅茶づくりの研究が始まりました。





緑茶用品種でつくる紅茶は茶葉の成分の関係で加工が難しいのですが、

最終的にはかなりいいものが出来るようになりました。

しかし先にお話したとおり、独立の夢は叶わず悶々としていたところ、
岸本くんという仲間が飛び込んできてくれました。

それで試験場から独立してつくってみたのですが、

以前は試験場にしかない機械を使用していたことや加工機械の条件なども違い、

思ったような味にならず、今も試行錯誤しているところです。



国産紅茶、特に緑茶用品種を用いた紅茶は煎茶と違い、

まだまだ発展途上で、やればやるほど奥が深く、おもしろいです。

どういう味がよいという画一的な「正解」はなく、

その人の嗜好に合うものが「正解」という世界です。

これからも様々なやり方を試み、より洗練された、

より仁淀らしい紅茶をつくっていきたいと思っています。